松葉ガニとズワイガニの違いは?

松葉ガニとは、鳥取地方で水揚げされたズワイガニのこと。

ズワイガニの地域ブランドとも言える呼び方で、水揚げ漁港によっては松葉ガニの他にも越前ガニ、間人ガニ、津居山ガニ、加能ガニなどの呼び方もされます。
カニは棲息する水域の水温やエサなどによって味わいも異なるといわれ、鳥取で収穫される松葉ガニ(ズワイガニ)は、ぎっしりと身入りがよく、うま味も上品で繊細と言われ、人気があります。
ブランド牛・松坂牛のような「ブランド蟹」ですから、松葉ガニにはそれを証明するタグ付けられており、他のズワイガニと差別化されています。

松葉ガニの値段は?

松葉ガニは人気の高い「ブランドガニ」ですから、やはり値段が気になるところです。

牛でいえば「松坂牛」のようなブランド蟹ですから、おいそれと激安があるわけではありません。
境港産の松葉ガニの値段を調べると、1キロもので15000円から。贈答用など、上等なものになると20000円くらいはします。これが境港プライスですから、市場にでて小売店などに並ぶときにはもっと高い値段になるわけです

いつもあるわけではない松葉ガニの「訳あり」値段

松葉ガニも贈答用ともなると身がしっかりと入り、脚も小指(いちばん小さい脚)まで欠けることなく完璧に揃い、サイズも申し分ない大きさになります。

当然、そういう松葉ガニの値段は相場よりも高値がつけられます。
一方、脚が欠けているとか、見入りがやや薄いなど、いわゆる「訳あり」品となると、値段もお買い得プライがつけられたりします。味やうまみは贈答品とそん色ないので、「自分食い」などの場合にはこういった値段の松葉ガニが好まれますが、「訳あり品」がいつでも豊富に在庫されているわけではありません。
「これはお買い得かも!」と思ったら、品切れになる前に手を打ったほうがよいでしょう。

 

松葉ガニを通販で購入するなら松葉ガニ専門店がおすすめ。
浜坂漁協認定店による産直配送なので値段も品質も確かです。
公式ページはこちら販売価格を公式サイトでチェック!

タラバガニやズワイガニの旬の情報や通販についてはこちら=旬のタラバガニや生タラバガニの通販