松葉ガニの解禁日

松葉ガニは、ズワイガニと同じもので、山陰地方では成長した雄ガニを指して呼ばれているものです。
資源保護の観点から、解禁日は11月6日と制定されています。
松葉ガニ漁は、解禁日の11月6日から翌年の3月20日が漁期です。
日本海のこの時期は、波が高い時期でもあり、「海のマツタケ」を求めての漁師さんの苦労には、頭が下がる思いです。
鳥取県では11月の第4土曜日を「松葉ガニの日」と定め、県内の主要な水揚げ港では、毎年イベントが開催されています。

松葉ガニの解禁日厳守の理由

解禁日を厳守することは、カニの絶滅を防ぐための1つの有効な手段です。
鳥取県などの産地では、さらに歩を進め、漁獲量に上限を設けたり、禁漁区を設定したりするなどして、国が定めた基準よりも、一段と厳しい規制を設けています。
解禁日を設けるだけでは、不足であると言わんばかりに、厳しすぎるともいえる制限を設けている背景には、松葉ガニの漁獲量の減少がある事情があるのでしょう。
ですが、こうした一連の取り組みが効果を上げているからこそ、毎年欠かさずに海の恵みがいただけるというものです。

松葉ガニの解禁日は守るべし

カニ漁は、漁期が限定されているだけに、希少価値が非常に高い商品です。
主要な漁港では、船1隻が入港し水揚げ後、カニの大きさや形によって分類されてから、セリにかけられるや、仲買人が殺到し、早ければ5分ほどで1隻分がさばけてしまうと言います。

 

なお、最近では韓国船がしばしば漁場に出没し、松葉ガニを根こそぎさらっていくと言います。
漁場荒らしが横行しては、日本側がいくら、解禁日を設けるなどの努力をしても、効果はサッパリです。
対応が遅れれば、外交問題にもなりかねない憂慮すべき事態となり得ます。

松葉ガニ通販はこちらから

松葉ガニを活きたまま発送。
贈答用から訳あり自宅用までそろえた松葉ガニの産直専門店はこちらから。
詳細はこちらクリック!